東京富士大学卓球部
 
東京富士大学卓球部−卓球部紹介−

部員プロフィール一覧


東京富士大学卓球部
唐沢 優佳
干支・星座 卯(うさぎ)・牡羊座
出身地 群馬県
出身高校 武蔵野高校(東京)
戦歴 H19 全日本学生卓球選手権大会シングルス 13位
H20 関東学生チームカップ 優勝
戦型 左シェーク 裏/表 ドライブ型
使用ラケット STIGA CR MASTER
卓球を始めたきっかけ 兄が卓球をしていたため。
試合前の緊張の
ほぐし方
ストレッチをしっかりする。
音楽を聴く。
練習での工夫 しっかりとした型を作り、どんな場面でも崩れないようにする。
用具の選び方 安定感のあるもの、自分が使いやすいものを選びます。
チームに入った理由 西村監督のもとで選手としても人間としても大きく成長できるように色々なことを学びたかったからです。
戦型へのこだわり

左利きなので左の特長を生かす。(サーブ・コースなど)

強いドライブを打っていく。
コンディション作りで
注意していること
食事に気をつける。(バランスを考える)
水分の取り方
このページのトップへ


劉 婷
干支・星座 丑(うし)・山羊座
出身地 中国遼寧省鞍山市
出身高校 中国遼寧省体育運動技術学院
戦歴 H18 関東学生新人戦 シングルス 優勝
H19 関東学生 ダブルス 3位
H19 関東学生 シングルス 5位
H20 全日本学生選抜 3位
戦型 右シェーク 裏/裏 ドライブ型
使用ラケット STIGA
卓球を始めたきっかけ 身体の強化のため。
試合前の緊張の
ほぐし方
ストレッチ、体を動かす。
練習での工夫 本番の試合と同じ気持ちで1球1球集中する。
用具の選び方 重いボールを出すために、少し重いラケットを使っている。
チームに入った理由 厳しいチームで卓球をやり、その中でよい人間になれると思ったから。
勉強と卓球ができるから。
戦型へのこだわり スピードと回転を大事にしている。
コンディション作りで
注意していること
体力の低下を防ぐために、バランスのよい食事や睡眠をしっかりとること。
このページのトップへ


加能 尚子
干支・星座 辰(たつ)・蠍座
出身地 石川県
出身高校 遊学館高校(石川)
戦歴 全国選抜出場
全日本選手権出場
インターハイ シングルス ベスト8
関東学生新人戦 ダブルス 3位、シングルス ベスト8
戦型 右シェーク・裏表、速攻
使用ラケット アコースティック
卓球を始めたきっかけ 父、兄が卓球をやっていたからです。
試合前の緊張の
ほぐし方
ストレッチをよくやり、身体を動かすことです。
練習での工夫 自分の苦手な部分を練習し、試合で使える技術を練習することです。
用具の選び方 安定感のあるものを選ぶようにしている。
チームに入った理由 卓球に打ち込める環境が全て整っていたからです。
戦型へのこだわり ピッチの速さを活かすことです。
コンディション作りで
注意していること
バランスのよい食事をし、睡眠をしっかりととる。
このページのトップへ


石川 真美
干支・星座 巳(へび)・双子座
出身地 青森県
出身高校 東奥学園高校
戦歴 インターハイ出場
全国高校選抜大会出場
全国私立短大大会 団体の部 優勝
戦型 右シェーク、ドライブ型
使用ラケット ティモボル スピリット
卓球を始めたきっかけ 小学校4年生の頃に部活動で卓球部に入部して、今まで続いています。
試合前の緊張の
ほぐし方
音楽を聴いたり、ウォーミングアップをしたり、イメージトレーニングをします。
練習での工夫 体の使い方を意識しています。
どうしたら回転がかかるか・強いボールを打てるかなど。
用具の選び方 回転を重視しています。
弾む方が好きです。
チームに入った理由 私の学校の先輩方も数多く東京富士大に入って活躍していたという憧れや、西村監督の下で“卓球”という競技を教わりたかったからです。
戦型へのこだわり フォアハンドで相手のブロックをぶち抜きたいですね!
パワーを活かしたプレーをしたいです。
コンディション作りで
注意していること
睡眠時間をしっかりとるようにしています。
このページのトップへ


上田 萌
干支・星座 巳(へび)・蠍座
出身地 京都府
出身高校 日星高校(京都)
戦歴 H17 H18 インターハイ出場
H18 近畿卓球選手権大会 ダブルス 3位 シングルス 6位
H18 H19 全日本選手権大会 ダブルス出場
戦型 左ペン、ドライブ型
使用ラケット ワールドカップ
卓球を始めたきっかけ 全国大会に出ていた兄の隣のコートでプレーをしていた福原愛選手をみて、おもしろそうだなと思ったから。
試合前の緊張の
ほぐし方
動きまくる。
余計なことを考えないようにする。
練習での工夫 フォアハンドを中心に取り組んでいます。
サーブからの展開によるパターンの練習も取り入れてやっています。
用具の選び方 打球感。
チームに入った理由 西村監督の下で卓球面でも人間面でも学びたかったから。
戦型へのこだわり 独特なプレーを生かせること。フォアハンドで攻めること。
コンディション作りで
注意していること
しっかり食べて、規則正しい生活をする。
ストレッチをしっかり行う。
このページのトップへ


加藤 千佳
干支・星座 午(うま)・山羊座
出身地 愛知県
出身高校 名古屋経済大学高蔵高校(愛知)
戦歴 インターハイ 団体 3位(高3)
全日本学生 個人戦 出場
戦型 右シェーク・裏裏、ドライブ型
使用ラケット Acoustic (Nittaku)
卓球を始めたきっかけ 兄がやっていて楽しそうだったから。
試合前の緊張の
ほぐし方
音楽を聴く。体を動かす。ストレッチ。
練習での工夫 試合で勝つために、得意な技術の向上。
苦手な技術の克服。
用具の選び方 自分にあったもの。
チームに入った理由 卓球を通じてよい人間になれると思ったから。
戦型へのこだわり スピードと回転。
フォアハンドで攻める。
コンディション作りで
注意していること
バランスのよい食事。
気を抜かない。
怪我をしないように、筋力トレーニング・体力をつける・ストレッチをする。
このページのトップへ


西東 由美
干支・星座 巳(へび)・獅子座
出身地 北海道
出身高校 旭川実業高校(北海道)
戦歴 H20 新人戦 ダブルス 2位
戦型 右シェーク 前陣速攻型
使用ラケット SK7-α(Butterfly)
卓球を始めたきっかけ 両親がやっていたので始めました。
試合前の緊張の
ほぐし方
音楽を聴きながら、楽しいことを考える。
練習での工夫 試合前はよいイメージを作るために調子のあがる練習を多く取り入れるようにしています。
用具の選び方 音のよいものを選びます。
チームに入った理由 環境がとても整っているし、あこがれていた先輩がいるからです。
戦型へのこだわり 台から絶対離れないようにしています。
コンディション作りで
注意していること
食事はバランスよくとり、睡眠も充分にとるようにしています。
このページのトップへ


徐 珍
干支・星座 巳(へび)・水瓶座
出身地 中国山東省青島市
出身高校 中村学園女子高校
戦歴 2007年 インターハイ シングルス 準優勝
2008年 関東新人戦 ダブルス 優勝/シングルス ベスト8
2008年 関東学生卓球選手権大会 シングルス 3位
戦型 左シェーク 中近ドライブ型
使用ラケット STiGA and Yasaka (Hybrid Wood)
卓球を始めたきっかけ いとこが卓球をやっているので、誘われた。
試合前の緊張の
ほぐし方
その試合の結果を考えないように相手の弱点を整理して、できるだけ多くの対応戦術を考え出す。
練習での工夫 試合と同じようにな気持ちで、一球一球大事に。
用具の選び方 はずむ。
チームに入った理由 目標は日本一なので、東京富士大でやったら一番自分の目標を達成できそうだから。
しかも、卓球と勉強を両立できるので。
戦型へのこだわり できるだけ打点を早くする。
回転を強くかける。
コンディション作りで
注意していること
できるだけ早く寝る。疲れをためないように。何事にも全力を尽くすことを心がける。
このページのトップへ


園田 彩佳
干支・星座 巳(へび)・蠍座
出身地 鹿児島県
出身高校 鹿児島城西高校(鹿児島)
戦歴 H20 関東学生卓球親善選手権大会 シングルス3位/ダブルス 2位
H20 関東学生卓球選手権大会 ダブルス 3位
戦型 右シェーク 前陣速攻異質型
使用ラケット ノベリア(Nittaku)
卓球を始めたきっかけ 兄と姉がやっていたので。
試合前の緊張の
ほぐし方
動くことです。
練習での工夫 フットワークでは、足をしっかり動かし腰で打つことを意識してやっています。
また、切り替えを必ずするようにしています。
用具の選び方 使いやすいと思った用具を選んでいます。
チームに入った理由 4年間卓球に打ち込み、卓球とともに人間としても西村監督の下で学び、成長したいと思ったからです。
戦型へのこだわり 前陣でピッチの速い卓球ができるようにしています。また、最後はフォアで決めてゆくことを心がけています。
コンディション作りで
注意していること
食事の面では、食べ過ぎないように注意し、睡眠をしっかりとることです。
このページのトップへ


原田 智美
干支・星座 午(うま)・魚座
出身地 京都府
出身高校 武蔵野高校(東京)
戦歴 H20 関東学生新人大会 シングルス2位/ダブルス 優勝
H20 全日本学生選手権 シングルス ベスト16/ダブルス ベスト8
戦型 右シェーク 裏/表 前陣速攻型
使用ラケット ルデアックパワー(Nittaku)
卓球を始めたきっかけ 母親が中学校の教師で卓球部の顧問で、先に兄が始めて楽しそうだったので私も始めました。
試合前の緊張の
ほぐし方
音楽を聴いたり、強い選手のプレーをみてよいイメージを持って体を動かします。
練習での工夫 試合に近い雰囲気を自分の中で作り、競った場面を意識して練習しています。
用具の選び方 できるだけ回転のかかるラバーを選びます。(フォア)
また、重いラバー・ラケットを選びます。
チームに入った理由 西村監督の下で卓球をすると同時に人間性を学び、卓球を通して自分を成長させたいと思ったからです。
戦型へのこだわり フォアは回転、バックは速さを重視した戦型です。
コンディション作りで
注意していること
試合前はできるだけ肉類を食べて闘争心を起こさせ、普段夜10時以降はできるだけ食べないようにしています。
このページのトップへ


平澤 子
干支・星座 午(うま)・魚座
出身地 神奈川県
出身高校 淑徳学園高校(東京)
戦歴 H20 国民体育大会 卓球 成年女子 東京代表
戦型 右シェーク カット
使用ラケット ウィルトソア(Nittaku)
卓球を始めたきっかけ 兄がやっていたから。
試合前の緊張の
ほぐし方
試合だからといって特別なことはしない。いつもと同じ気持ちでいる。
練習での工夫 基本練習と応用練習を毎日どちらもしっかり行うこと。
用具の選び方 コントロールしやすいものを選ぶ。
チームに入った理由 卓球をするのに一番よい環境だと思ったから。
西村監督の下、卓球を通じて人間的にも強くなりたいと思ったから。
戦型へのこだわり 人が見ていて感動するような、魅せるプレーをしたいと思っている。
コンディション作りで
注意していること
太りやすい体質なので、食事に気をつける。
このページのトップへ


松永 尚子
干支・星座 巳(へび)・射手座
出身地 山口県
出身高校 中村学園女子高校(福岡県)
戦歴 H19 全九州高校卓球選手権大会 個人の部 3位
H19 全国高校卓球選手権大会 個人/ダブルス/団体 出場
戦型 右シェーク、ドライブ型
使用ラケット STiGA Cliper Wood WRB
卓球を始めたきっかけ 近所のおばさんが卓球の先生で見学に誘われていったら、いつの間にかクラブに入部することになっていたから。
試合前の緊張の
ほぐし方
ランニングをして汗をかく。
練習での工夫 オールフォアで動くことを意識しているので、バックにきたボールもなるべくフォアで動くようにしている。
用具の選び方 打球感。
チームに入った理由 西村監督に指導していただいて、日本一になりたいと思ったから。
戦型へのこだわり オールフォアで動くこと。
コンディション作りで
注意していること
ストレッチをする。
このページのトップへ


村松 ゆみ子
干支・星座 巳(へび)・蟹座
出身地 埼玉県
出身高校 北越高校(新潟)
戦歴  
戦型 右シェーク 裏/表 攻撃型
使用ラケット Septear
卓球を始めたきっかけ 両親の影響です。
試合前の緊張の
ほぐし方
体を動かす。(ストレッチ)
練習での工夫 一本でも多く返すこと。
コースをよく狙うことです。
用具の選び方 自分に合っているものです。
チームに入った理由 東京富士大の雰囲気や厳しい練習で自分に自信をつけていきたいと思ったからです。
また、今までたくさんの方にお世話になっているので恩返ししたいと思ったからです。
西村監督の下で学びたいと思いました。
戦型へのこだわり 後ろにさがらず前でプレーすること。
コンディション作りで
注意していること
睡眠をよくとる。
食事のバランスに気をつけている。
このページのトップへ


池田 好美
干支・星座 午(うま)・牡牛座
出身地 愛媛県
出身高校 青森山田高校(青森)
戦歴 東北大会 ダブルス 優勝/シングルス 2位
インターハイ 団体 2位
戦型 前陣速攻異質型
使用ラケット 福原 愛(Butterfly)
卓球を始めたきっかけ 兄と姉がやっていたため。
試合前の緊張の
ほぐし方
ストレッチやイメージトレーニングをしています。
練習での工夫 自分の苦手パターンや、フットワークの練習を主にしています。
用具の選び方 自分の戦型に合った道具を選ぶようにしています。
チームに入った理由 西村監督の下で、卓球のこと・人間的な部分を学んでゆくことができ、東京富士大の皆さんとだからこそ充実した4年間の大学生活を送っていけると思ったからです。
戦型へのこだわり 前陣でプレーをしていくことです。
コンディション作りで
注意していること
毎日規則正しい生活をすること。
このページのトップへ


伊積 ひかり
干支・星座 午(うま)・蠍座
出身地 埼玉県
出身高校 武蔵野高校(東京)
戦歴 全日本選手権 ジュニアの部 5位
インターハイ ダブルス 6位
戦型 左シェーク 前陣速攻型
使用ラケット コルベル
卓球を始めたきっかけ 両親が卓球をやっていたため。
試合前の緊張の
ほぐし方
自分が調子のよいときのイメージを頭で想像し、自信をつける。
練習での工夫 試合の戦術をイメージしてやる。
用具の選び方 スピードの出るもの。
チームに入った理由 雰囲気がよく、この大学で卓球がしたいと思ったから。
戦型へのこだわり フットワークを活かし、フォアハンドで攻めていく。
コンディション作りで
注意していること
早寝早起きをする。
このページのトップへ


岩崎 麻純
干支・星座 午(うま)・乙女座
出身地 栃木県
出身高校 正智深谷高校(埼玉)
戦歴 高校全国選抜大会 団体 ベスト8
戦型 シェーク 表/表
使用ラケット SK7α(Butterfly)
卓球を始めたきっかけ 近くの体育館に卓球クラブがあったからです。
試合前の緊張の
ほぐし方
ストレッチをしたり、音楽を聴くことです。
練習での工夫 試合に結びつくような練習メニューを考えています。
用具の選び方 フォア面は弾むラバー、バック面はナックルがかかるラバーを選んでいます。
チームに入った理由 西村監督の下で卓球や人間性を学びたかったからです。
戦型へのこだわり やりづらさとピッチの速さです。
コンディション作りで
注意していること
早寝、早起きなど規則正しい生活を送ることを心がけています。
このページのトップへ


佐藤 理穂
干支・星座 午(うま)・蠍座
出身地 東京
出身高校 淑徳SC高等部(東京)
戦歴 高校 関東選抜/全国選抜/関東大会 団体出場
全国ろうあ者卓球大会 団体 優勝/シングルス 2位
2008 デフリンピックプレ大会 団体 優勝/ダブルス 優勝/シングルス ベスト8
戦型 右シェーク ドライブ型
使用ラケット M.MAZE(Butterfly)
卓球を始めたきっかけ 父と兄が卓球をしていたので、自分も一緒にやりたいと思った。
試合前の緊張の
ほぐし方
音楽を聴く。卓球ノートを見る。
練習での工夫 常に高い目標を持って1本1本集中してやる。
用具の選び方 ドライブをかけるときの球離れや回転力など、自分が使いやすいものを選ぶ。
チームに入った理由 東京富士大はとてもよい環境で練習することができ、自分に厳しく、そして人間的に成長できるところでもあると感じたから。
戦型へのこだわり 身長を活かした大きい卓球をしたい。
コンディション作りで
注意していること
食事のバランスを考える。
しっかり休むこと。
このページのトップへ

吸水力3倍・速乾性7倍でコンパクト

TSCグッズショップ
マイクロファイバータオル

 
東京富士大学卓球部−卓球部紹介−